受験で上京する受験生が利用するメリットとデメリット

同じ地域で複数日受験するときに便利

大学の多い都市としては、東京を中心とした関東地方、大阪や京都を中心とした関西地方、その他東海地方や福岡なども多くあります。その地域に住んでいる人なら、複数ある大学への受験でも自宅から行けるでしょう。しかし地方に住んでいるといちいち上京しては帰るとなると大変です。交通費も大変になります。そこでマンスリーマンションの利用を考えてみましょう。ホテルに比べると1日の利用料金を節約できます。一般的なマンションと異なり、住むための設備は一通りそろっています。来るときは勉強道具や少しの着替えのみで済ませられます。将来的に一人暮らしをする人にとって、その予行演習としても使えます。初期費用や退去費用もそれほどかけずに利用できます。

テレビがあるので気が散ってしまう可能性

受験勉強をするとき、いろいろと我慢をしながら生活をするでしょう。マンガなどがあれば見てしまうでしょうし、テレビも一度見始めると止まらなくなるかもしれません。その間に勉強する時間がどんどん過ぎてしまいます。受験のためにマンスリーマンションを利用するのはメリットが多いです。あえてデメリットがあるとするとテレビが設置されている点かもしれません。設置されていても見ずに勉強すれば問題ありません。でも、家族がいなかったから見るのを我慢できていた人は、一人になって我慢しきれず見てしまうかもしれません。物件によってはテレビがない部屋や、わざわざテレビを外してもらえるかもしれません。どうしても気になるなら少し交渉すると良いでしょう。

マンスリーマンションを東京で利用すると、滞在費を抑えることができます。ホテルより宿泊費が安いうえに、洗濯機や冷蔵庫が付随しているので、余分な生活費を使う必要がなくなります。

© Copyright Affordable Rates. All Rights Reserved.